医療レーザー脱毛

永久脱毛:エステで脱毛(制毛?)してる方へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エステで永久脱毛はできるのか?

大手エステサロンで行われている脱毛にスムーススキンコントロールメソッドS.S.C.M.®というものがあります。
ホームページを拝見しますと、

イタリア・DEKA社が、日本市場に向けて特別に開発した、従来のキセノンランプを搭載した脱毛機による光脱毛とは全く異なる画期的な理論。安定したエネルギー供給が可能なクリプトンライトとビーンズジェルに含まれる有効成分フィリニーブの相乗効果で、 刺激がなく満足度の高いオフへア(制毛)をご提供します。
https://www.withus-corp.jp/sscm.htmlより引用

となっています。

比較対象は従来のエステでのみ行っていた光脱毛のようです。また、脱毛ではなく、制毛ができる機械のようです。
本来、永久脱毛が可能なのは医療機関のみで受けることのできる「レーザー脱毛機」のみです。
永久脱毛とは毛を産生する幹細胞を完全に破壊することを指し、幹細胞の完全破壊は医療行為になるため、エステサロンでは行えません。

もちろん、制毛も、ある期間、毛を脱落させることができるので、お手入れは格段に楽になるはずです。
永久脱毛を選択するか、制毛を選択するか、は患者様ご自身になります。

永久脱毛の仕組み

永久脱毛機アレキサンドライトレーザー機から脱毛レーザーが照射された時のイメージ図です。

永久脱毛レーザーが照射された時のイメージ図。

永久脱毛するためには、発毛組織である幹細胞を完全破壊する必要があります。
黒色など色の濃いもののみに吸収される波長のレーザーを皮膚に照射すると、色の薄い表皮には反応せず、メラニンなどで色の濃い毛や毛根、周辺組織に吸収され、熱に変わり、焼灼されます。
この時、毛周期のうち、成長期にあるもののみが、幹細胞を焼灼させるのに十分な熱量を発生させることができます。
なので、脱毛は1回では完了せず、毛周期に合わせて、5回から7回程度行う必要があります。

永久脱毛機アレキサンドライトレーザー

永久脱毛機アレキサンドライトレーザーのジェントルレースという機械が写ってます。

かなり年季が入ってますが当院の機械です。

永久脱毛機として米国FDAにて承認を受けているのが、当院にあるアレキサンドライトレーザーです。
レーザー(laser) とは、Light Amplification by Stimulated Emission of Radiation(誘導放出による光増幅放射)の頭文字をとったもので、ほぼ単一の波長の電磁波になります。アレキサンドライトレーザーの場合、波長は755nmです。これは、我々日本人の肌質と毛質に非常に適した波長で、安全に脱毛が行える機械の一つだと言えます。

永久脱毛を時間制で行う

永久脱毛は一般的に部位制、例えばVIOとかワキなどの決められえた範囲で契約されることが多いのですが、アリア六本木クリニックでは開院当初から時間制脱毛を行っております。
時間制で永久脱毛を行うと、思ったより広範囲が行えます。
下の図を参考にされてください。

時間制脱毛のできる範囲の目安が書かれた図です。顔:5~10分、胸:10分、肘・手首:10分、お腹:10分、両ひざ下:20分、二の腕:10分、両手甲・指:3分、太もも:30~45分、両足甲・指:3分、背中:20分、両わき:5分、お尻:20分、Vライン:5分、V全体:10分、Iライン:5分、Oライン:5分と書かれています。

時間制脱毛はどれだけお得なのか??を詳しく見る

永久脱毛の時間制ならVIOもたったの15分!!

当院の時間制永久脱毛のVIOの範囲と一般的なVIOの範囲の比較イラストです。

時間制なので好きな範囲をあてられます

永久脱毛する範囲には個人差がありますが、ほとんどの方は15分のご予約でVIO全体を照射することができます。
照射範囲も細かい規定があるわけではなく、時間制なので、あてたいところ全体に充てることが可能です。
初回のみは範囲がはっきりしないので30分でご予約いただき、もし時間が余っても、例えば、ワキとか手の甲・指などご希望の部位を照射することも可能ですので、無駄になることはありません。
また、全体的になくすのには抵抗があるけど、硬くて濃いから何とかしたいという方は、2~3回程度、全体を照射して、その後、残す範囲を決めて照射すると、太いくて硬い毛は脱毛されて、細くて柔らかい毛が残ります。
ただ、全体を照射している時期は、ハイジニーナになるので、温泉などに行かれる場合は注意されてください。まだまだ、ハイジニーナの認識度は低いようです。
※当院では相当数の方がハイジニーナになっているのに不思議です。
実際に、1回ハイジニーナの快適さを知ってしまうと、そのままハイジニーナにしてしまうという方も多くいらっしゃいます。
※ハイジニーナ:アンダーヘアが全くない状態のスタイルのこと。 Vライン・Iライン・Oラインを合わせたアンダーヘア全体のVIO脱毛をを行います。「衛生」という意味の「ハイジーン(hygiene)」から作られた言葉です。

永久脱毛は痛い?

伏目の女忍者のイラストです。永久脱毛の痛みをイメージしてます。

永久脱毛は上記の通り、幹細胞を完全破壊しないと完成しません。熱で焼灼するので、この時に痛みが発生します。この痛みを「輪ゴムではじいた程度」と表現するのですが、我慢できないほどの痛みではないと思ってます。しかし、痛みの感じ方には個人差があります。また、部位や毛質によっても痛みは変わります。
毛の太さ=痛みの大きさ、一度に脱毛する毛の数=痛みの数、脱毛する部位=痛みの質
と考えられるので、太い毛が密に生えている部位は痛みが強い傾向にあります。ワキとVIO、男性はその他にヒゲ、ひざ下など。
痛みを軽減するために麻酔クリームを使っていただくことも可能です。施術の30分前に塗っていただき、乾燥してしまうと効かなくなってしまうので、ラップで覆っていただきます。施術前にご来院いただいて、塗ってお待ちいただくことも可能ですし、ご自身で塗ってきていただくことも可能です。
※麻酔クリームは別料金(2,500円/10g、VIOなら3回分程度)

永久脱毛とクーリングの関係

氷漬けのマンモスのイラストです。

脱毛の前に冷やしたり、施術後に冷やしたりするところがありますが、当院ではどちらも基本的に行いません。
脱毛をしっかり行うには、幹細胞の熱による焼灼です。ジェントルレーズ機にはダイナミック・クーリングという照射しながら冷却を行えるシステムが装備されてます。皮膚表面はしっかり冷やして、ダメージの無いように、幹細胞の焼灼部位は冷やさずに、しっかり焼灼するよう調整されています。これは、通常の状態を想定しているので、前に冷やしたり、後に冷やしたりすると、せっかくの脱毛効果が弱くなってしまいます。
照射後のケアーとしては、ステロイドの軟膏を塗布、処方することで対応しています。
※ステロイドの軟膏は治療費用に含まれます。

永久脱毛の費用

どこでも脱毛し放題コース
15分9900
30分16800
45分25200
60分33600
75分42000
90分50400
その他※15分単位でのご予約可能
オトクな回数券1回当たりの費用有効期限契約当日の使用
30分×3回45000150001年
30分×4回56000140001年×
30分×10回128000128005年×
30分×10回248000124005年×
その他※15分単位での予約が可能
※4回コース・10回コース・20回コースは契約日より9日後から使用できます

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加