しわ取りボトックス(ボツリヌストキシン)注射(額・眉間・目尻片側・梅干しシワ 各一部位)

アラガン社ボトックスのバイアルの画像です。

しわ取りボトックス(ボツリヌストキシン)注射とは

ボツリヌストキシンはボツリヌス菌が産出する成分で、抗原性の差によりAからGまでの7種類が存在します。
このボツリヌストキシンには筋肉活動を抑制する作用があり、古くは1820年前半にドイツ人医師Justinus Kernerの論文が医療治療の始まりと言われています。その後、1970年代後半に、アメリカの眼科医Alan Scottが斜視の治療を行い、その後1980年代に入ると多くの治療に用いられるようになりました。
日本においては、眼瞼痙攣、片側顔面けいれん、痙性斜頸、小児脳麻痺における下肢痙縮に伴う尖足、上肢痙縮、重度の原発性腋窩多汗症などの治療に使われています。
美容的な治療としては、ボツリヌストキシンの筋弛緩作用を応用したしわ取り、小顔(咬筋縮小)などが行われています。美容目的の場合は完全自由診療となります。
このボツリヌストキシン製剤の薬剤名がアラガン社のボトックスといい、一般的にボトックス治療というとボトックス以外のボツリヌストキシン製剤を使用している場合にも使われます。

しわ取りボトックス(ボツリヌストキシン)注射の適応

主な治療個所は額、眉間、両目尻になります。その他にオトガイ(アゴの梅干しシワ)、バニーライン(鼻上部にできる横シワ)、ガミースマイル(笑った時に極端に歯茎が露出する)、口角を上げる、上唇の縦シワの治療が行えます。
エラの部分の咬筋によるエラの張り出しが気になる方は、小顔目的の治療を行います。
首においてはプラティズマバンドやホリゾンタルラインの治療にも使われます。
また、分泌物を抑制する働きがあるので、花粉症における鼻汁抑制やワキ汗の抑制目的にも使われます。

しわ取りボトックス(ボツリヌストキシン)注射の効果と持続時間

シワを作っている原因となる筋肉に注射します。ボツリヌストキシンを注射する量は部位目的によって異なりますが、一般的な量としてしわ取りの場合、額、眉間、右目尻、左目尻各1部位に10単位を注射します。
注射直後に効果が出ることは普通なく、2~3日後からだんだんと効果が表れます。その後1~2週間で効果は安定し、3~5ヶ月ほど持続したあと、徐々に効果は薄れてゆきますので、およそ半年程度の効果が期待できます。

※ボトックスなどのボツリヌストキシン製剤は粉末で1バイアルに100単位入っていることが一般的です。この粉末のボツリヌストキシン製剤を生理的食塩水などで溶解して注射液を作ります。その濃度は各医師の考え方により様々なので、1㏄が10単位のクリニックもあれば、1㏄が100単位のクリニックもあります。

しわ取りボトックス(ボツリヌストキシン)注射の製剤について

韓国Hugel社製の部ツリヌストキシン製剤ボツラックスの外箱とバイアルの画像です。

先発メーカーにあたるアラガン社のボトックスビスタが一般的ですが、ジェネリック製剤が多数存在しており、効果や副作用は変わらないとされています。特に美容先進国の韓国にはボツリヌストキシン製剤があり、韓国の厚生省にあたるKFDA認可の製品が存在します。
費用はボトックスビスタの場合、一般的に1部位5万円前後と高額なことが多いので、当クリニックでは多くの患者様に安心して治療を受けていただくため韓国Hugel社製のボツラックスによる治療を行っております。

しわ取りボトックス(ボツリヌストキシン)注射はこんな人におすすめ

•額のシワが気になる。
•眉間のシワが気になる。
•目尻のシワが気になる。
•アゴの梅干しジワが気になる。
• 手術はしたくない
• ダウンタイムがあまり取れない

価格

ボトックス注射
額・眉間・目尻片側・梅干しシワ
各一部位
10,900円
診察料2,750円診察当日に施術を受けられた場合は無料

しわ取りボトックス(ボツリヌストキシン)注射のよくある質問

Q:ジェネリック製剤のボツラックスは安全ですか?
A:はい。韓国KFDA認可の製剤なので安全性には問題が無いと言われてます。

Q:ジェネリック製剤のボツラックスの効果は確かですか?
A:当院にて、数百例行っていますが、製剤が原因で効果に不満があったことはありません。

Q:効きすぎてしまった場合はどうなりますか?
A:完全に効果を消す薬剤は存在しないため、1か月程度お待ちいただくことになります。

Q:効きすぎてしまうのが不安です。
A:特に気になりやすい額などを行う際、眉毛に影響を起こしにくいよう上部のみを治療して様子を見る方法をお勧めします。

Q:ボツリヌスって毒ではないのですか?
A:名称はボツリヌス毒素ですが製剤は完全に無毒化されてます。

Q:何回も行うと耐性が付くと聞きました。
A:耐性が付きにくいゼオミンという製剤がありますので、心配な方はご相談ください。

しわ取りボトックス(ボツリヌストキシン)注射の実際の治療

治療時間10分
麻酔の有無
痛みの程度

レベル3

ダウンタイム個人差によるが、48時間ほど注入部位が盛りあがり有り。
メイク当日から可能です。
シャワー体温があまり温まり過ぎないようシャワー可
持続時間3~6か月

しわとりボトックス注射の副作用・禁忌

禁忌

  • 全身性の神経筋接合部の障害をもつ患者(重症筋無力症、ランバート・イートン症候群、筋萎縮性側索硬化症等)
  • 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人及び授乳婦
  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
  • 他のボツリヌス毒素製剤にて治療中の患者

副作用

  • ショック・アナフィラキシーショック・血清病
  • けいれん発作
  • 効きすぎによる効果過大(眉毛下垂、眼瞼下垂)→一1ヶ月程度で改善